ただそく

HOMEABOUTRSSメール
現在、愛と勇気と浪漫に溢れたやる夫作品をまとめています。
新着ヘッドライン
9/5 誰も読まないらしいスペースでのお知らせ。
追記。作者様の神具合と皆様の熱いコメによって、このブログは残しておきます。
追記。突撃行軍歌のラスト部分修正完了。
追記。このブログに否定的なのは良いのですが、落書帳ではないのです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--| スポンサー広告| コメント(-)

経過報告


言い訳はすまい。
スポンサーサイト
2009/08/08| はじめに読んでねCM:5

たぶん重要なお知らせ


管理人の体力と時間とストレスが限界に達したようです。
書いてあること長いですが、けっこう重要かもしれない話なのでどうぞ。
2009/07/30| はじめに読んでねCM:6

ただそくの方針



説明

カッコつけたタイトルですが、メールフォームからお便りをくださる方も少しだけおりまして、
わざわざメール送ってくれる人にはそれなりの対応をしておこうと思った内容です。


ただそくはまとめブログという、いわゆる寄生虫として存在しています。
やる夫系作者さまのハイクオリティと、たまにブログに書き込まれるコメントを原動力に、
延々とたゆまないコピーを繰り返しているわけです。
そんなブログなのだから、

「本スレへの誘導もするべき。管理人[ピーー]」という、
いわゆるテンプレの過去ログ一覧や、次スレのアドレス書き込みも載せるべき。

との内容のメールもいただきました。



返信


結論から言って、管理人はあえて本スレへのリンクを避けています。
なぜかといえば、まとめブログでやる夫を知ったまとめブログ出身者は、
スレに旅立っていくと得てして空気破壊神となるからです。
以下、専門用語が出てきますが、それぐらいはググッてくださいませ。


・AA貼る作者の技量を見て、自分も貼りたくなる。そして自重せず貼る。
・やたらと雑談したがる。投下中でもやはり自重しない。
・専ブラを使わない。そのくせ投下中に更新ボタン連打。
・無意識のうちに、自分をお客様だと思っている。作者に対しても上から目線。
・なにかと予想したがる。宝クジでも買ってなさい。




スレに行ったら、ひとまず書き込みを避け、黙って観察し、空気を読み、専ブラを使い、
作者に対しては感謝の気持ちを忘れず乙をし、
投下が終わって賑わっているようなら1レス2レスほど差し障りない程度に参加する。

要約するとこの程度のことなんですが、これができない連中が集まると特に悲惨です。
それは大概、小中学生であったりまとめブログ出身者なのも現実です。

ただそくは「これだ!」と思った自分好みの作者様をストーカーしており、
好きな作品スレを汚したいとは毛ほども思わないので、スレへの誘導をしていません。


以上、言い訳終了。



2009/05/24| はじめに読んでねCM:0

最初にお読みください



ただそくとは

・愛と勇気と浪漫に富んだやる夫作品をまとめています。


要綱

・全ページ、完全リンクフリー。
・相互リンクは常時大歓迎です。
 アダルトすぎなければ、まず受け付けるつもりです。

サイト名:ただそく
URL:http://tadasoku.blog77.fc2.com/

・相互リンクの申請、ネタの提供、文句や愚痴はメールフォームからどうぞ。

・ディスプレイ、使用ブラウザなど視聴環境の差異によって
 文字の大きさや横幅といったレイアウトが崩れる場合があります。
・スクリプトが使えない環境では一部機能が利用できません。
 月別アーカイブが利用できない人は、スクリプトをONにしてください。

・やる夫シリーズはまとめというか管理人自身がいつでも見れるようにしてあるだけで、
 それ以上の意味とか価値はあんまなかったりします。
・記事内のやる夫シリーズは管理人が書いているわけではありません。
・作者様には常日頃から楽しませてもらい多謝しています。


利用規約

・ただそくの利用は自己責任です。
 リンク先でのことは当ブログとは無関係。
・ただそくに掲載されている画像などの著作権は、
 すべて権利保有者に帰属します。著作権侵害の意図はまったくありません。
 関連企業様から連絡があった場合には、即刻に撤去します。
・犯罪になるような真似は決して推奨していません。

更新 2009年5月24日
Since 2008年12月1日

2008/12/01| はじめに読んでねCM:2
ただそくを登録
月別アーカイブ

カテゴリ
リンク
track word
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。